ぷちはぴ

ちょっとハッピーになる情報をあなたにお届け

梅雨に起こる頭痛やめまいの原因は気象病で予防対策にあの薬が効く

   

LINEで送る
Pocket

梅雨(つゆ)って雨が続いて本当に憂鬱ですが、それだけじゃなくて、体調不良にもなりやすくないでしょうか。

私も以前は天気が悪いから、気持ちが上がらずしんどい気がしてるだけかな?と思っていましたが、なんと天気が原因で起こる病気があるんです。
その症状、気象病と呼ばれる病気かもしれません!

原因がわかれば予防対策もできるということで、気象病についてのメカニズムと解決法についてお伝えしようと思います。
あなたの頭痛やめまいなどの体調不良が解決すれば幸いです♪

スポンサードリンク

梅雨によくある頭痛やめまいの原因

梅雨の時期は、普段より頻繁に頭痛やめまいがするということ、ありますよね?
他にも倦怠感(だるさ)、立ちくらみや肩凝り、関節炎、リウマチ、吐き気などの病院に行くか様子を見るか悩むような症状が雨の日に起こることってありませんか?

この症状は全て天気によって起こる天気病、いわゆる気象病である可能性が高いのです。

梅雨に頭痛や目眩を引き起こす気象病の主な原因は「気圧の変化」によるものです。

偏頭痛は、気温や気圧の変化が痛みの引き金になるといわれています。

めまいに関しては、気圧の低下が原因で耳の内部に圧力がかかって、耳の内部にある蝸牛や三半規管から内リンパ液という液体がかき混ぜられます。
実はこの内リンパ液が傾くことで脳は「今傾いている」と判断するのですが、頭を振っているわけでもないのに内リンパ液がぐるぐる動くので、脳がパニックを起こしてしまいます。

その結果、脳が錯覚を起こしてめまいを引き起こすと言われています。

気圧が変化するイコール雨という訳ではありませんが、気圧と天気の崩れは切っても切れない関係であるともいえます。

雨の日に古傷が痛むと言う人もいますが、実はこの古傷が痛むのも脳がパニックを起こした結果、過去の傷みの神経を刺激してしまうということで原因は同じ気象病なのです。

梅雨に頭痛やめまいを起こす気象病とは

気象病とは、梅雨だけに起こる病気ではありません。

病は気からといいますが、病は天気からと言っても過言ではないくらい、天気と体調は関係があるんです。

この天気によって引き起こされる様々な体調不良の原因を総称して気象病と呼んでいます。

スポンサードリンク

主な症状としては、めまいと頭痛以外には、腰痛、肩こり、神経痛、関節の痛み、リウマチ、じんましん、吐き気、倦怠感、うつ病、メニエール病、喘息、心臓発作、脳出血、盲腸、くも膜下出血などがあります。

市販薬で治るかな?と感じるレベルの症状から生死に関わる症状まであります。

梅雨に起こりやすい気圧の変化以外には、1日の気温の高低差が10℃以上ある日や、季節の変わり目による気温の変化に身体がついていかなかったり、突然冷たい水を触ったりすることで体温をあげるために血圧が上昇してしまったりすることが原因になります。

天気によるものだからと軽く見てはいけないのが、気象病といえます(;´・ω・)

梅雨に起こる頭痛やめまいの予防や対策方法

ここまでで、梅雨に起こる頭痛や目眩の原因は気象病である可能性が高いことをお伝えしてきました。
もちろん、そうではない可能性もありますので、症状が長く続いたり重い場合には医師の診断を受けることを強くおすすめします!

もし、気象病だった場合に何か予防や対策は可能なのでしょうか?

酔い止めを飲む

気圧の変化に対抗するために効果があるのはなんと、酔い止め薬なんです。

気象病による頭痛には頭痛薬ではなく酔い止めがいいんですね。
理由は、酔い止めにはリンパの液を鎮める効果があるからです。

酔い止めならなんでも良いというわけではなく、リンパ液の動きを抑制するジェフェニドール成分が入ってる酔い止めに効果があります。
酔い止めには眠気を感じるものも多くありますので、仕事など日常生活に差し支えない程度に飲まれることをおすすめします。

体調が悪くなる前兆を感じたら飲むようにしてください。

つまようじでツボ押し

手のひらを爪楊枝の針みたいじゃない方で押すのも効果があります。

すきま風のある家に住む

すきま風があるということは、外との気温差が大きくなりにくく、身体が外の温度に慣れるから気象病の対策になるようです。

予防は生活習慣を見直すこと

実は気象病の予防策は、はっきりとしたものはなくて、気温や気圧の変化に左右されない体力と健康な身体を維持することが1番の予防になるそうです。
ということで、1日3食ちゃんと摂って、十分な睡眠をとるようにしましょう。

梅雨に起こる頭痛やめまいのまとめ

気象病や天気病という単語を初めて知ったかもしれませんが、この気象病は雨や雪、くもりだけではなく、雨が続いたあとの突然の晴れの日も体調には大きく変化をもたらしたりもします。

季節の変わり目や天候の乱れがある時の体調不良は、気象病を疑ってみてもいいかもしれません。
もちろん、別の原因の場合も大いにありますので、判断の1つとして参考にしてみてください。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

こちらの記事が参考になったと思ったらみんなにも教えてあげてください♪

 - , ,