ぷちはぴ

ちょっとハッピーになる情報をあなたにお届け

実体験!巻き爪で痛い時に無料でできる応急処置と自力で安く治す方法

   

LINEで送る
Pocket

lgf01a201408061100
長時間歩いているわけでもなく、普通に歩いているだけなのに足が痛むことってありますよね。

それにはいろいろな原因があると思います。
私自身の経験で言っても、巻き爪、外反母趾、マメ、魚の目、たこの目、靴擦れなどなど、上げればきりがありません。

その中で私が最近悩んでいた巻き爪について目からウロコだった痛みを取る方法をご紹介します!
※最初にお断りを入れさせていただきますが、重度の陥入爪の方にはあまり効果がないかもしれませんのでご了承ください。

スポンサードリンク

巻き爪の治療にはお金がかかる

私は左足の親指の片方が巻いている巻き爪で、痛みがあるものの見た目にはあまり巻いているように見えなかったので、自分では軽度だと思っていました。
今のうちに治療したら安く済むかな?と甘い考えでいました。

ワイヤー法の治療費相場

巻き爪で検索をするとまず巻き爪専門の病院が多数ヒットしました。

ホームページには約5,000円で治療できるような書き方がされていて、更にいまならキャンペーンで4000円になるとあったので、早速電話で問い合わせてみました。

そのクリニックで行っている治療法は爪の両端からワイヤーの引っ張る力を利用して巻き爪を矯正する『ワイヤー法』というものでした。
このワイヤー法は一般的な巻き爪の治療法ですが、保険が適用されないそうです。

電話で詳しく話を聞いてみるとホームページではわからなかったことが明らかになりました!
受付の方「初診はそのお値段ですが半年から1年通ってもらうことになります。みなさん軽度とおっしゃりますが、痛みを伴った時点で軽度ではなく中度ですので。」

と、バッサリ!結果的に症状にもよるけれど30,000~50,000円はかかると言われました。
これはなかなかに痛い出費です。

手術の治療費相場

手術での巻き爪治療は保険が適用されるので費用は6,500~8,500円ほどで、術後の通院費用を合わせて20,000円以下で治療できるそうです。

ワイヤー法よりは手術のほうが安くできますね!

ここからは個人的なお話になります。

実は私は過去に右足の巻き爪を手術で治療しています。
ですが、10年以上前に手術しましたが医療ミスなのかいまだに親指の左下というおかしなところから爪が角のように生えてきます。見た目も不格好ですしたまに気になって引っこ抜くと血が出てぽっかり穴が空きます( ;∀;)

私は過去にこのような目にあっているので手術は勘弁なのです。

とにかく痛みを和らげる応急処置はないの?

img_0276

お金がかかることがわかって、いったん保留にしようとなる方は多いのではないでしょうか?私はそのタイプです。

でもこのズキズキする痛みからは1日も早く解放されたいのも本音です。
なんとかならないかと調べてみたところ、灯台下暗しといいますか、目からウロコの超簡単な方法を発見しました!

それは巻いている爪と皮膚の間にコットンを詰めるというもの。

よくよく調べてみるとこれはコットンパッキング法というようですが、知ったときはこんな簡単なことで痛みが和らぐなんて信じられませんでした。
でも最近巻き爪による痛みが増していて、藁をもすがる思いでしたのですぐに実行しました!

スポンサードリンク

結果はビックリ!次の日には効果を感じました。というか、痛みが気にならなくなっていて、そういえばコットン挟んだんだった!くらいのナチュラルな感じで痛みが引いていたんです。

ではその方法(超簡単)をご紹介します。

コットンパッキング法

img_0277
お目汚しすみません・・・。

まず、足の爪を清潔にしてから始めてほしいのと、爪が柔らかいほうが安全にコットンを詰められるのでお風呂上がりにすることをおすすめします。

どうしても今痛い!って方は今やっても大丈夫かとは思いますが、取り替えるタイミングはお風呂上がりが良いと思います。

化粧水をつけるような自宅にある普通のコットンを小さくちぎります。
ない場合にはティッシュやガーゼでも大丈夫です。

巻き爪と指のお肉に食い込んでいる部分の間にコットンをはさみます。

ピンセットがやりやすいです。
初めに少し入れてぎゅっぎゅっと押し込んでいくイメージです。

以上!超簡単!
はみ出てくる場合は、コットンを小さめにちぎるか絆創膏やテーピングで止めちゃっても良いと思います。

こんなことで…と思いますが、私は本当に痛みが取れて快適に過ごせるようになりました!
人によってはこのまま爪を伸ばしてスクエア型に爪を切るようにして巻き爪が治ったという人もいるそうです。
私もそれを目指しています。

お風呂に入るとコットンが濡れてしまうので、その都度取り替えるのを忘れないでください。
濡れたコットンをそのまま爪に挟んでいると不衛生ですし、カビが生えてしまったり別の病気になる原因にもなるので注意しましょう。

巻き爪を自力で安く治す方法

無料での応急処置で治る方もいれば、もう少し重症な方で病院は行きたくないけど安く自力でなんとかできないの?と思っている人もいるかと思います。

そういう方向けに自宅で治すキットや器具もあるのでご紹介します。

【巻き爪ブロック】

自宅でワイヤー法を3,000円で行える商品です。
少し難しいので、手先が器用な方に向いています。

クリニックと同様、半年~1年の長い期間を使ってじっくり治していくものです。
安さと病院と同じ方法というのがメリットかと思います。

【巻き爪ロボ】

物理的に巻いている爪をまっすぐに伸ばす器具です。ロボといいつつ装置ですので注意!

19,800円と値段は高いのですが、相当巻いている爪でもキレイに自宅で治せる優れものです。
30分で痛みがとれるので1分1秒でも早く痛みから解放されたい場合にはこちらが良さそうですね!

(でも値段が高すぎるので無理…という方には、一切責任はもてませんが類似品をヤフオクやメルカリで2,000円~3,000円ほどでみかけました。説明書もないみたいなので信頼できるかはわかりません。内緒ですよ。)

巻き爪の治療法まとめ

私は自称軽度の巻き爪ですので、コットンパッキン法ですぐに痛みから解放されることができましたが、すぐに完治!とまではもちろんいきません。

なにより安心なのはやっぱり病院で治療することだとは思います。
ですが、治療費が高額であったり仕事で病院に行く暇なんてないという方もたくさんいらっしゃるかと思います。

そういった時にこちらで紹介した方法を試してみてもらえたらもしかしたら今よりはずっと楽になるかもしれません。

ただし私もただの素人ですので、責任は一切負いかねます。自己責任でお願い致します。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

こちらの記事が参考になったと思ったらみんなにも教えてあげてください♪

 - , ,