ぷちはぴ

ちょっとハッピーになる情報をあなたにお届け

冬に日焼け止め塗らないのはありえない!下地を顔だけではNGな理由

      2017/10/17

LINEで送る
Pocket

冬 日焼け止め 画像

紫外線がシミそばかす、たるみ、しわの原因になるという恐ろしい事実は、ここ最近知られてきました。
イメージ的に夏はがっつり紫外線対策するぜい!って人が多いですが、冬は下地だけでいけるっしょ!ってなりがちじゃないでしょうか。

とか言って、それ過去の私のことです(´・ω・`)ごめんなさい

冬にも日焼け止めは塗らないといけないのか、UVカット効果のある下地を塗るだけではダメな理由をご紹介しますので、チェックしていってください!

スポンサードリンク

冬も日焼け止めは塗らないとダメ

冬は夏みたいなギラギラ太陽で、肌をジリジリ焦がすこともないから日焼け止めっていらないのでは?と感覚的には思いがちですが、実際には全くそんなことありません。

理由は、肌を老化させると言われるUVA(紫外線A波)は、4月~8月のピーク時よりは減るものの、半分くらいにしかならなずガンガン降り注いでいるからです。

UVA(紫外線A波)は「光老化」と言われる紫外線によって生じるシミ、シワ、たるみを引き起こすおそろしーい紫外線です。

日焼けに直接関わるUVB(紫外線B波)は、10月~3月の秋冬は少なめになるので、そちらに気を取られがちですが、冬に戦うべきなのはUVAということですね!

冬だからといって日焼け止めを塗るのをサボると、将来的にシミ、シワ、たるみとなって返ってきます。

怖いなー怖いなー(´・ω・`)

本当にあった怖い話になってしまいます。

「冬でも気をぬくことなかれ」美白やアンチエイジングを意識しているなら、日焼け止めは1年中365日必要と思ってください。

冬でも日焼け止め効果のある下地だけではダメ

冬でも日焼け止めを塗らないといけないことをお伝えしましたが。

スポンサードリンク

「じゃあ日焼け止め効果のある化粧下地を使ってたらそれでいいんじゃ?」

そう思っていた時代が私にもありました( ´△`)

実は、化粧下地は大体のメーカーが使用量の目安をパール粒1~2個分としています。
薄く塗ることで、ベースメイクの仕上がりが綺麗になるからです。

ですが、日焼け止めの正しい使用量は「500円玉1個分」なんです。

パールと500円玉って全然違いますよね?

と、いうことは化粧下地の使用量だけでは、日焼け止めの本来期待される効果を発揮しきれていないということになります。
それでは、日焼け止めを塗ったという安心感は得られませんよね?

結果、日焼け止め効果のある下地だけではなく、日焼け止めも塗るべきということがわかります。

メイクの順番についてはこちらの記事に詳しく書いています
メイク時の日焼け止めと化粧下地の順番とタイプ別の効果的な塗り方 

冬に日焼け止めを塗るとき顔だけでは不十分

冬に日焼け止めを塗るべきということはよくわかりましたが、顔だけ塗ればいいのでしょうか。

答えは否!です。

厚い服や防寒具で覆われている部分は紫外線も届きませんが、表面に出ている部分は全て紫外線の餌食(?)となります。
そこで忘れがちなのが、です。

首に紫外線が当たることで、年齢を感じさせる首のシワができてしまうのです!
何て恐ろしい(((^-^)))

日焼け止めを塗るのであれば、首も合わせて塗るようにしてください。

余談ですが、紫外線を浴びてからメラノサイト(色素細胞)が動き出すまでの時間はびっくり5秒らしいので、窓から入る紫外線や洗濯物を取り込む一瞬の隙も油断ならないようです。

徹底して美白とアンチエイジングを意識するのであれば、外出しない時でも顔と首には日焼け止めを塗った方がいいかもしれません(´・ω・`)<めんどくさい

冬の日焼け止めまとめ

冬は乾燥しがちなので保湿をたっぷりするかと思うのですが、保湿をすることで肌は焼けにくくなるそうです。

冬の日焼け止めを意識するのであれば、保湿も同時にするとより効果が上がります(o^^o)
いつまでも白く美しい肌のために少し面倒ですが、日焼け止めは1年中手離さず紫外線対策していきましょう!

この記事が、あなたの疑問の役に立てていれば幸いです(*^o^*)

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

こちらの記事が参考になったと思ったらみんなにも教えてあげてください♪

 - , , ,