ぷちはぴ

ちょっとハッピーになる情報をあなたにお届け

箕面大滝の紅葉へ電車での行き方と2017見頃もみじの天ぷらが買える所

   

LINEで送る
Pocket

箕面大滝 紅葉 画像
大阪の北部にある箕面市は、猿や温泉も有名ですが、なんといっても紅葉が綺麗で有名です。
その中でも特に明治の森箕面国定公園の中にある、箕面大滝が名物で箕面に来たー!って感じがします。

私も何度か足を運んだことがあるのですが、夏は滝の近くで川遊びができて秋は紅葉が綺麗なので、夏と秋に行くことが多いです。

ペーパードライバーの私は友人に連れて行ってもらえない限り、箕面へは電車で行きます。
と、いうことで箕面大滝までの電車でのアクセス方法と今年の紅葉の見頃と私の小さい頃からの大好物!もみじの天ぷらについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

箕面大滝の紅葉までの電車での行き方

箕面大滝は明治の森箕面国定公園の中にあるのですが、実は駅からまぁまぁ距離があります。
なんなら登山といってもいいレベルです。
なので、ヒールや新しい靴で行くのはおすすめしません(((^_^;)

最寄り駅は、公園の入口まで徒歩5分のところにある「阪急箕面線箕面駅」です。

アクセス方法

各線梅田駅(大阪駅)からの行き方
阪急梅田駅→宝塚線石橋駅で乗り換え→箕面線で終点箕面駅まで

所要時間:約40分
料金:270円

梅田阪急バス[63]箕面行き→箕面駅

所要時間:約1時間29分
料金:280円

新大阪からの行き方
御堂筋線新大阪駅→西中島南方駅下車→阪急南方駅→京都線十三駅乗り換え→宝塚線石橋駅で乗り換え→箕面線で終点箕面駅まで

所要時間:約48分
料金:450円

御堂筋線新大阪駅→千里中央駅で下車→阪急バス11番のりば[19]箕面行き→箕面駅

所要時間:約48分
料金:540円

画像 箕面 梅田 新大阪 アクセス

箕面駅から箕面大滝までの行き方はこちらのグーグルマップを参照してください。

地図の詳細

スポンサードリンク

ほぼほぼ一本道なので、迷子にはならないかと思いますが、とにかく私のように運動不足な人間にはちときついです( ´△`)
途中に喫茶や小さな博物館があったり、ベンチがあったり、温泉があったりするので、完全な山道ではなくて、舗装された山道です。

近所の方のジョギングコースにもなってるので、観光がてら気温的にもジョギングしてもいいかもしれませんね!

私は運動苦手なのでできませんが(震)

箕面大滝の紅葉はいつが見頃

箕面大滝の紅葉は、例年11月中旬から12月初旬頃が見頃です。
今年もウェザーニュースさんが発表している2017年版の紅葉見頃予想マップから見ても11月18日頃〜が見頃となっています。

2017年11月1日~30日の間は、もみじまつりも開催予定です。
「明治の森箕面国定公園もみじまつり写真コンクール」では、箕面公園の魅力が感じられる写真が募集されて、入賞者には賞金も用意されているそうなので、チャレンジしてみてはどうでしょう?賞金欲しい!!!!

箕面市の昨年の落葉時期を見ると、12月9日には全てのエリアが落葉していたようですので、12月に行くなら一週目の内に行った方が良さそうです。

箕面大滝の紅葉までの道でもみじの天ぷらは買える?

箕面 もみじの天ぷら 画像
箕面の名物といえば、なんといってももみじの天ぷらです!
私も幼い頃から大好きで、母も好きなので箕面駅周辺に行くと必ず買って帰ります。

もみじの塩漬けを甘い衣で覆った天ぷらというかお菓子みたいなもので、食感もカリカリでクセになります。
一袋なんてあっという間になくなっちゃうので、つい食べ過ぎてしまいます!笑

このもみじの天ぷらは、箕面駅から大滝までの道中で購入できます。
駅周辺が一番お店が出ていて、久國紅仙堂さん(木曜定休日)が有名です。

どこのお店で買っても美味しいと思いますが、営業時間が少しだけ短くて17時〜18時頃にはお店が閉まってしまいますので、早めに購入することをおすすめします!

箕面大滝の紅葉まとめ

箕面の大滝は本当に綺麗でマイナスイオンがたくさん浴びられる、大阪のパワースポットとも言われている観光名所です。
行くなら断然紅葉シーズンが私もおすすめですし、ちょっと都会からは離れていますが、その分のんびりした雰囲気を味わえます。

遊びに行ったらぜひ!もみじの天ぷらは食べてみてくださいね(o^^o)

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

こちらの記事が参考になったと思ったらみんなにも教えてあげてください♪

 - , , ,